BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 知ってるようで知らない栄養素ビタミン

知ってるようで知らない栄養素ビタミン

皆さん!おはようございます!こんにちは!こんばんは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム
CALORIE TRADE KYOBASHIパーソナルトレーナーの廣村嘉紀です。

知ってるようで知らない栄養素ビタミン

今回はからだによい成分として、皆さんも、よくご存じのビタミン

食べ物や飲み物、日用品にいたるまで、ビタミン配合商品がたくさんあふれています。

しかしいざ「ビタミンってなに?」と改めて聞かれると、考え込んでしまいますよね。

実際のところ「入っていないよりは、入っているほうが良い栄養素」ぐらいに考えている方も多いのではないでしょうか。

しかしビタミンは、人間のからだに不可欠な5大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル)のひとつに数えられるほど、重要な栄養素です。

ビタミンの定義

ビタミンの定義は 「人の健康を維持していくうえでなくてはならない微量栄養素のうち、体内で合成できない、もしくは必要量を合成できないため、食品から摂取する必要性のある有機化合物となります。

なのでビタミンは体内でほとんどつくることができないため食べ物やサプリメントからとることが必要になります。

またビタミンとは物質の名前ではなくある機能をもつ物質の総称になります。

たとえばビタミンAにも、レチノールやレチナール、レチノイン酸のように、いくつか種類があります。

ビタミンの役割

では、ビタミンは体内で何の役にたっているのか?

その役割としてエネルギーを作り出す時のサポートになります。

ビタミンは、直接的にエネルギー源や体をつくる成分ではありませんが、人が健全に成長し、健康を維持する働きをしています。  

つまり、ビタミンは他の栄養素がうまく働くための機械の潤滑油のような働きになります。

健康なからだを維持する

ビタミンの役割、もう1つは健康なからだを維持することです。

疲れはエネルギー不足だけでなく、筋肉や神経、血行などからだの調子が悪くなることでも起こります。

ビタミンは、そうしたからだの調子が悪い部分を修復したり、抵抗力をつけたりすることで、健康を保つ役割もあります。

水に溶ける水溶性と油に溶ける脂溶性

またビタミンには、水に溶ける水溶性ビタミンと、油脂に溶ける脂溶性ビタミンがあり、それぞれの性質から体への取り込まれ方や代謝に特徴があります。水溶性ビタミンは尿などから体の外へ排泄されやすく、脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されやすいため、これをふまえておくと、水溶性ビタミンは少量を頻回とるとよいこと、脂溶性ビタミンは油といっしょにとると吸収がよくなるというのがポイントになります

まとめ

このようにビタミンは、私たちが生活していくうえで欠かすことのできない物質であることがわかります。

日常生活の中で積極的にビタミンを取り入れ、健康の維持に努めましょう。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

以上CALORIE TRADE KYOBASHIがお送りいたしました。

それでは次の記事でお会いしましょう!

↓人気記事↓

Youtubeもぜひご覧ください!
オススメ動画はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

高評価とチャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

満足顧客度1位
京橋で最も選ばれる

パーソナルトレーナー

廣村 嘉紀
ひろむら よしき

トータルセッション数

4,000回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない依頼、月100セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

350人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約350人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

京橋のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/7位

京橋のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得.
※(株)MIRAIS調べ

↓クリックでリンク先に飛びます↓

ダイエット、ボディメイクについて気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事