BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. オーナーコラム
  4. これをやるだけで老眼にならない!治る!簡単にできる老眼の予防・改善法!

これをやるだけで老眼にならない!治る!簡単にできる老眼の予防・改善法!

こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム
CALORIE TRADE KYOBASHI(カロリートレード京橋)代表及びマスタートレーナーの藪圭詞です。

これをやるだけで老眼にならない!治る!簡単にできる老眼の予防・改善法!

今回は老眼の予防・改善法のご紹介します。

老眼は40歳ぐらいからはじまることが多く、薄暗い場所で文字が読みにくい、新聞や本を近づけると読みにくい、スマホなどの小さい文字が読みにくいなどの症状があり、加齢とともに悪化していきます。

「え?老眼って予防したり、治したりできるものなの?」そう思われるかもしれません。
老眼には明確な原因があり、それに対する対策を行えば、予防や改善はできるものなのです。
多くの方は知らない、もしくはやらないだけなんですね。

今回ご紹介する方法は、どれも非常に簡単なものですので、将来老眼になりたくない方や、すでに症状が出ている方は是非お試しください。

そもそも老眼の原因は?なぜなるの?

まずは老眼の原因についてです。

目に光が入ってくると、角膜と水晶体で光が屈折します。
水晶体は例えるなら、カメラのレンズのようなもので、ピントを合わせてることで、物がはっきり見えるわけですね。

光の屈折した角度が深かったり(近視)、浅かったり(遠視)するとぼやけて見えるのです。

角膜を削るレーシック手術を除くと、角膜の形状は変わりません。
なので見ようとしている物との距離に合わせて、水晶体を薄くしたり厚くしたりすることで、ピントを合わせます

この水晶体の厚さを調整してくれるのが、毛様体という筋肉です。
毛様体に力が入ると水晶体が分厚くなって、近くのものを見やすくなり、逆に力が抜けると水晶体が薄くなって、遠くのものが見やすくなります。

近くを見る際に、ピントが合わせられなくなるのが、老眼です。

そうなってしまう原因は
・毛様体の衰え
・水晶体の硬化
この2つにあります。
これらの対策を行えば、老眼の予防・改善効果が得られるわけです。

【老眼を治す】予防・改善法その1・毛様体のトレーニング

加齢によって筋肉(毛様体)が衰え、その結果力が入っても水晶体が若いころほど分厚くならない
結果としてピントが合わず、近くのものが見えない

何もしなければ筋肉は衰える一方なので、今症状がない人もいつかは必ず老眼の症状が出てきますし、加齢と共にどんどん悪化します。

じゃあどうするか。
毛様体は筋肉なのですから、鍛えればよいのです。

しかし目の筋肉の筋肉を鍛えろと言われても、重りを持つこともできませんし、中々方法は思い浮かばないかもしれません。

まずは商品のラベルでも、本でも、新聞でも何でも良いので、小さい文字で書かれた文章を用意してください。
小さいほど良いです。
私がお客様にお勧めするときは、サプリメントや医薬品のラベルが多いですね。

用意した小さな文字を、はっきり見えるギリギリより少しだけ近づけて、文字がぼやけた状態にしましょう。
その状態で文字をジッと凝視して、読もうとしてください。
10秒間経ったら、一度離します。
これを3セット繰り返してください。

たったこれだけです。
毎日、もしくは2日に1回行えば、毛様体が鍛えられ、かなりの改善効果が得られます。

【老眼を治す】予防・改善法その2・水晶体の硬化対策

水晶体の硬化の原因は活性酸素です。

活性酸素に対抗する抗酸化酵素は、人間の体内で常に作られていますし、栄養にもこういった作用を持つ(抗酸化物質)ものがあります。
しかし加齢とともに、抗酸化酵素を作る能力も低下していきます。

その結果、活性酸素の害が大きくなってきて、やられてしまう訳ですね。

体内で作る分で追いつかないならば、外部から抗酸化物質を摂る必要があります。
ちなみに同じく加齢とともに現れてくる白内障も、活性酸素が原因なので、これからご紹介する栄養素で予防できますよ。

老眼予防・改善のための抗酸化物質ビタミンC・E

抗酸化物質の中でお勧めなのは、こちらの記事でもご紹介した、ビタミンC・Eです。

抗酸化物質と言えばビタミンC・Eの組み合わせ。
こう言い切ってしまっても良いぐらい、非常に効果的な組み合わせで、値段も安い、理想的な栄養素です。

ビタミンCは1日3~10gを、1回1gずつこまめにってください。

ビタミンCは本当に色々と効くので、とりあえず摂っておいて損はないですよ。
食事でこの量は無理なので、サプリメントでどうぞ。
粉末でもカプセルでも、どちらでもOKです。
↓こちらは持続吸収型なので、1回2gぐらいまでOK!

ビタミンEは、ミックストコフェロールを、1日400~1000IUほどがお勧めです。
1日1回で大丈夫です。
こちらも食事でこの量は無理なので、サプリメントで。

老眼予防・改善のための抗酸化物質リコペン

ただ活性酸素には種類があり、それぞれに適した抗酸化物質もまた種類があるんです。
ビタミンC・Eは非常に優秀ですし、老眼に対してももちろん効果はありますが、老眼対策ならばより効果的な栄養素があります。

それがリコペンです。

目に最も大きな影響を与えるのは、紫外線によって発生する活性酸素なのですが、このタイプの活性酸素はリコペンが非常に有効なのです。

1日15~40mgぐらい摂取すると、効果を実感できるでしょう。
サプリメントもありますし、食べ物だとトマトに豊富です。

トマトに含まれる量ですが、色や品種で変わります。
それぞれ100gで、ピンクっぽい色のトマトで3mg、赤色で10mg、高リコピントマトで15mgぐらいです。
あくまでも100gなので、1個当たりの量ではない点に注意。

トマトが日光の紫外線に対抗するために、作り出す栄養素なので、基本的には熟しているほど(より長く日光にさらされているほど)多く含まれます。

熟しているトマトを使用することが多い、トマトジュースもリコペンが豊富です(使用している品種にもよりますが)。
サプリメントだとこの辺りをお勧めします。

ちなみにリコペンは男性特有の前立腺の問題にも、非常によく効きます

前立腺の肥大は、加齢と共に進行し、30代ぐらいからみられ、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳で90%にまで増加します。

全ての人に排尿症状がみられるわけではありませんが、症状が出る前に、あるいは軽い内から対策しておいて損はないでしょう

まとめ・老眼は治る!

如何でしたか?

老眼は年齢を重ねれば、誰にでも出てくる、避けられないものであると思われがちですが、明確な原因があり、それぞれ対策すれば防げるものなのです。
すでに症状が出ている方、周りに悩んでいる人がいる方、将来老眼になりたくないという方、是非ともお試しください。

以上、今回は老眼対策についてでした。

↓人気記事↓

Youtubeもぜひご覧ください!
オススメ動画はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

高評価とチャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
大阪で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

藪 圭詞
やぶ けいし

トータルセッション数

24,000回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない圧倒的依頼数、10数年間ずっと皆様から御支持を頂き続けてきた証です。

トータルお客様数

2,000人

今まで担当させていただいたお客様の人数。今までのトレーナーとしての活動の中、約2,000人の方々の目標達成をお手伝いさせていただきました。

大阪のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/7位

大阪のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

↓クリックでリンク先に飛びます↓

ダイエット、ボディメイクについて気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

関連記事